カテゴリー : 未分類

セラミックのメリットとデメリットについて その2

セラミックのメリットとデメリット

前回お伝えしたようにセラミックには様々なメリットがありますが、
一方でデメリットもしっかりと理解しておかなければなりません。

・デメリット 料金

セラミックのデメリットには
料金が高い部分があげられます。

セラミック自体は、非常に頑丈な物質でつくられています。
素材もそうですが、歯科技工士が制作する際にも
それなりの費用がかかります。

セラミックは、その部分から必然的に料金が高くなってしまいます。

当時に比べると近年では料金は安くなってきたものの
プラスチックなどと比較すれば料金が高いと感じる方も多いでしょう。

一本当たりの値段は歯医者さんによって異なりますが
相場では30,000円から50,000円はすると考えてよいでしょう。

種類も多く、質の高いものに関しては100,000円
近くするようなものもあります。

そこまでの金額になると、当然質は良いのですが、
なかなか手が出しにくいの現実でしょう。

検討されている方は、
メリット、デメリットもよく理解したうえで
かかりつけの歯医者さんの先生と相談し利用を検討してみるようにしましょう。

セラミックのメリットとデメリットについて その1

保険適応の歯科治療では銀歯(金銀パラジウム合金)を使用する事が殆どです。
しかし、アレルギーの問題等もあり、
最近では銀歯以外の治療方法を望まれる患者さんも少なくありません。

その中でも有名なのはセラミック。
今となってはセラミックという言葉を
一度は耳にされた事もあるかと思います。

虫歯もそうですが、歯並びなどでもセラミック治療のケースが増えています。

セラミックにはメリットもあればデメリットもありますが、
まずはじめにメリットをお伝えしてまいります。

セラミックのメリット・デメリット

・メリット1【見た目が美しい】

人の歯は基本的には白いのですが、
少し黄色がかった部分もあり、真っ白というわけではありません。

従来使用されていたプラスチック(レジン、硬質レジン)の場合は真っ白なので、
人の歯の中ではそういった歯があるだけで不自然に目立ってしまいます。

奥歯ではあれば、そこまで意識する必要もないのですが、
前歯の場合には、笑ったり、話しをする際に
どうしても注目されてしまうので
他の歯と違う色をした歯は目立ってしまいます。

さらに、プラスチックは時間が経過するにつれ、黄色になってしまう傾向があり、
長期間使用することには不向きで、定期的な取り替えが必要になります。

これに対してセラミックの場合には、そこまでの頻度で取り替えの必要はなく
時間が経過しても色の変色が殆ど見受けられません。

このような天然の歯に近く、耐久性の理由から、
積極的にセラミックを利用する人が増えてきています。

・メリット2【虫歯になりにくい】

銀歯の場合には、セラミックに比べて
虫歯になりやすいといった部分が見受けられます。

金属は、そのすき間の部分から虫歯ができてしまい再治療をするリスクがあります。

気付いた時には、ある程度虫歯が大きくなってしまい
かなり奥の方まで侵攻した状態になると、
削ったり抜かなければならないというケースもございます。

このような懸念事項が少ないのも、セラミックのメリットの一つと言えるかもしれません。

・メリット3【金属アレルギーでも着用可能】

3つ目のメリットは、金属アレルギーの方でも
気にせず治療をすることができる点です。

当時から治療に用いられる銀歯の場合、
金属アレルギーの人は治療することができませんでした。

プラスチックであれば治療することもできますが、
一つ目のメリットでお伝えしたように、
耐用年数がそれほど長くない部分や
あまり固いものを噛むことができない、割れやすい
といった問題点を抱えています。

セラミックであればそのような面を
カバーすることもできるので、
金属アレルギーの方にとっては
もっとも有効な治療方法であるといっても過言ではありません。

そして、加工面に利点も存在します。

歯科技工士からすれば、セラミックは加工しやすく
思い通りの形に仕上げることができるため
実際に取り付けた時の違和感を大きく軽減することができます。

前歯の場合は周りの人から見た場合に、
最も目立ってしまいます。
特に、人前で話す仕事をしている方は、気になりますので、
少しでも見た目が本物にそっくりなものを選びたいと考えます。

(続く)

ホワイトニング治療と知覚過敏

白い歯は印象をよくする

笑顔になった時や、ふとした仕草の時に口元に白い歯が見えるとそれだけ印象がよくみえるものです。

多少の黄ばみや着色は、一般的な歯石・歯垢の除去、クリーニング(PMTC)で改善されますが、より白い歯を求めて、今では身だしなみの一貫として定期的にホワイト二ングを受けるというケースも増えてきました。

以前はホワイト二ングと聞くと特別な施術のイメージを持たれがちでしたが、就職活動や転職活動をきっかけに施術を受けるという方も非常に多いです。

しかし、ホワイトニングのような審美治療には積極的な方がいる一方で、抵抗感がある方も少なくありません。
その理由の一つとしてホワイトニングによって知覚過敏になるという観念があるようです。

このような心配をお持ちの方は安心していただきたいのですが、現在の審美治療は技術の発達もあり、
液剤などが原因で知覚過敏になるような心配はありません。

誤解される原因として、2つの誤った情報があります。

1つ目は歯の表面上にホワイトニング剤を塗布する事により、表層に位置しているエナメル質のカルシウムが溶け出し脱灰が生じ、
その事によって光が乱反射し歯白く見えるのではないかという情報。

もう一つは過酸化水素がきっかけで生じた分子が露出している象牙質や亀裂、虫歯などから
深層部に侵入していき神経に刺激を与え知覚過敏になるのではという情報。

しかし、実際には白い歯にする段階でそのような事例は起こりません。
仮に液剤により脱灰が生じても現在使用されている液剤の調整量を考えると、速やかに再石灰化が始まり修復します。

つまり白い歯を手に入れる為にホワイトニングを施術し、知覚過敏を発症してしまうという心配はしなくても大丈夫という事です。

もし心配であれば施術を依頼する歯医者、知覚過敏に対する不安やその他心配している旨をきちんと伝えると術前に検査をしてくれますので、
遠慮する事なく伝えるようにしましょう。

万が一知覚過敏に見舞われる可能性が通常よりも高めであると判断された場合、
より一層濃度が低い過酸化水素が用いられているホワイトニング剤を使用するなど、きちんと対応がされます。

もしホワイトニングをしたいと考えていても、抵抗があって施術が出来ない方はご参考ください。

この薬剤を用いたホワイトニングは、ご自身の歯(天然歯)に有効です。
差し歯や、セラミック等の被せもの、詰め物には作用しませんが、一般の歯のクリーニングは有効です。

歯科治療で銀歯を用いて生じる金属アレルギー

現代では歯科治療を施術する場合はセラミック素材を使用した治療方法も一般的になりつつありますが、保険を適用し安価に治療できるという特性上相変わらず従来の銀歯(金銀パラジウム合金、金パラ)を用いた治療が多く行われています。

治療費という観点で見た場合にはセラミック素材(emax、ジルコニア等の保険外材料)に比べ安価に済ませられますし、治療が完了するまでの期間も短期間なので通院する手間や身体に生じる負担も小さくさせられるのは事実です。

しかし、虫歯の治療などに銀歯を採用した事により稀に思わぬトラブルに見舞われてしまう患者さんがいることもあり、特に多いのは銀歯を口内に使用してから金属アレルギーが引き起こされてしまう事です。

しかも、銀歯を歯科治療時に採用した方の多くで発症しており発症数が多いのも特徴的なのですが、その理由は保険を適用して用いる事ができる銀歯は口内のように高温多湿の環境下では錆びる上、唾液の成分により溶け出すためです。

口内にて溶け出してしまった金属イオンは、体内にあるタンパク質と結合する事によりアレルギーを発症する原因になるので、生まれつき金属アレルギーではなかった方でも歯科治療を施してから金属アレルギーを発症する事があります。

また、生まれつきアレルギー体質の方よりも厄介なのは素材として使われている物質は複数の種類に及ぶ点であり、銀やニッケルをはじめとする複数の種類が入っているからこそ口内で電流が生じてしまうので、複雑化し対処や完治を目指すのも難しくなります。

さらに、銀歯による悪影響は口内の変調のみに留まらず、全身に生じてしまう症例もありますし、五感など表面上には変調が見られないものの発症している本人のみが不調や違和感を覚える事もあります。

特に当事者のみが感じてしまう不調としては味覚障害が挙げられ、銀歯から溶け出した金属イオンが舌に悪影響を及ぼし味覚が感じ取りにくくなってしまいます。

そして、全身に生じてしまうと汗にも金属イオンが含まれるようになるので発汗時に含まれている金属イオンにより、表皮上でもアレルギー反応が生じます。

もちろん上記症状には他に原因が有る場合もあり、歯科での治療が原因だと断定出

来ることは稀ですが、このようなケースから現在では銀歯治療が見直されてきてます。

虫歯や歯周病を上手に予防する人は仕事ができる?

本当に仕事ができる人かどうかを判断するのに、口腔内の状況は非常に大きな要素になると言われています。

実際に欧米などでは、歯が綺麗かどうかという問題がビジネスの世界でも重要視されており、採用や昇格をも左右するほどの影響力を持っているというのです。

基本的に言って、虫歯や歯周病にならないよう普段から口腔内の状態に気を遣っている人は、それだけ自己管理がきちんとできる人であるとみなされることでしょう。

自己管理ができる人は、当然のことながら与えられた仕事を責任を持って果たすこともできると期待されることになります。

それで、本当に仕事ができる人と評価されたいのであれば、虫歯や歯周病を予防し、口腔内を清潔で健康的な状態に保つ必要があるのです。

また、歯が綺麗で歯周病などの問題を抱えていない人が欧米などで採用されやすいと言える別の理由は、口腔内の問題がない人の方が仕事に集中しやすいからです。

例えば、虫歯がある場合、痛みが原因で仕事に集中できなくなってしまうことがありますし、当然治療のために多くの時間を費やさなければなりません。

さらに歯周病を患っている場合であれば、糖尿病を始めとして他の病気にかかる可能性も高くなり、場合によっては長期にわたる療養が必要になることさえあるのです。

大事なビジネスの分野で忙しく働く人にとって、虫歯や歯周病はまさに大敵とも言えます。

では、どうしたら自分の口腔内をより健康的な状態に保つことができるのでしょうか。

一般に、ストレスを抱え込むことは虫歯や歯周病の原因ともあり得ると言われているため、まずはストレスを上手に解消する必要があります。

加えて、買い日の正しいケアも大事なポイントとなります。その際、デンタルフロスなども正しく使ってケアをすることができます。

さらに定期的に検診を受けるとともに、プロによる定期的なクリーニングを受けることも良い方法です。

このようにして、虫歯や歯周病を防ぐよう心がけたいものです。

外国人が感じる日本人の口臭

日本人に対して外国人は様々な印象を抱いています。
よく取り上げられるのは良い印象についてですが、日本人の口臭に関してはあまり良い印象を持たれていません。
相当なレベルと言われるほどに強烈に感じられており、そうした実状が放置されている現実を残念に感じる外国人も珍しくありません。

なぜ日本人は口臭を強く放ってしまうのか、理由のひとつに口腔ケアへの意識の低さが挙げられます。

日本人の多くは積極的に歯医者に行くことが少ないとされており、行くとすれば虫歯などで歯が痛くなった時がほとんどです。
予防という気持ちで利用されることはあまりなく、どちらかと言えば歯医者は敬遠される存在にすらなってしまっています。

一方の外国人は口腔ケアに対する意識が高いです。
普段から積極的に歯医者に行き、臭い対策はもちろんのこと、歯並びに関してもキレイを意識する気持ちを持っています。
こうした考えが根強くあるのは、外国人は近距離でのスキンシップを行う文化がある事が考えられます。
外国人の場合、普段の挨拶としてキスやハグなどをする習慣があり、初対面の人とも近い距離で触れ合います。

一方の日本人はそうした文化がありません。
ある程度、親しい関係にならない限りは一定の距離感が保たれ、結果的に臭いに対してもそこまで過敏に考えることがないのです。

しかしこの文化の違いこそが日本人の口が臭いと思われている原因の一つにもなっています。
口腔ケアに勤しむ外国人と、そうではない日本人が対峙すれば、当然口臭を敏感に感じ取られやすく、こと臭いに関しては不快な気持ちにさせますので、残念な部分と感じられてしまうのも無理はありません。

また、治療費の違いも、口腔ケアの意識に関係していると言われています。
例えばアメリカ等では、国民皆保険制度で低額で治療を受けられる日本と違い、いざ治療となると高額な治療費が必要となるために予防に励んでいる面もあります。
皆さん「海外で歯科治療を受けたら高い」 と聞いた事があるのではないでしょうか?
(実際は海外の歯科治療費が高いのではなく標準的で、日本の保険治療費が安いのですが)

口腔ケアの意識の低さもさることながら、虫歯や歯周病を放置する人が少なくないのがもう一つの理由でもあります。
虫歯に関しては、大人の3割は持っていると言われていますが、虫歯は進行すれば強い臭いを放つようになります。
速やかに治療を行えば治療回数も少なくすむのですが歯医者を敬遠される日本人も多く、ぎりぎりの状態にならない限りは治療をしないケースも珍しくありません。

キシリトールって何?

ガムのコマーシャルでもよく耳にする言葉であり、
ガムのパッケージでも目につきます。

なんとなくキシリトールって歯に良いのかな‥というイメージではないでしょうか。
言葉が先走ってしまい、実はキシリトールの事を知らない方が多いのも事実です。

それではキシリトールについてお伝えしていきたいと思います。

キシリトールは糖アルコールという甘味炭水化物の仲間なのです。
多くの果物や野菜に含まれており、好きな方も多いイチゴにもキシリトールは含まれています。

あと、意外にも人の肝臓でも1日15g程のキシリトールが作られているのです。

そして、現在ガム等に口にしているキシリトールは白樺や樫などの木から抽出した
キシランヘミセルロースを原料にし作られているものです。

自然界にあるキシリトールとの差は?といえば、差はありませんのでご安心ください。

日本で1997年に食品添加物として認可されたキシリトールは
安全である事が知られており、一日にどれだけ摂取しても良い食品として扱われています。

それではキシリトールは何故歯に良いといわれているのでしょうか。

それは、虫歯になりにくくなると言われているからです。

理由はキシリトールは自然の甘味料で口の中で酸を作りません。
そして、キシリトールを噛むことによって唾液の分泌を促進するのでお口の中で酸を中和してくれるのです。

さらにキシリトールには虫歯の原因でもあるミュータンス菌の活動を弱める事ができる唯一の甘味料といわれています。
プラークをつきにくくする効果とはがれやすくする効果もあるので、再石灰化を促すという利点もあるのです。

歯医者が伝える正しい歯みがきの知識

歯みがきについて正しい知識をつけて、正しい歯みがきをする事は
歯の健康状態維持には不可欠ですが、
さらに虫歯予防や健康状態維持の為に、
歯間ブラシやデンタルフロスを等を必ず利用する必要があります。

虫歯予防ではスウェーデンが実績が高く、
80歳になった時、日本では6本なのに対し、
スウェーデンでは23本の歯が残っているといわれています。

そのスウェーデンで使用されている一つが
タフトブラシという歯ブラシです。

タフトブラシとは鉛筆のような歯ブラシで、日本でも普通に市販で売っていますので
一度はご覧になられた事もあるかと思います。

虫歯、口臭、歯周病等の予防にはプラークを除去する事です。
しかし、普通の歯ブラシではこのプラークの60%弱しか除去できません。
そこでデンタルフロスや歯間ブラシ、そして歯並びの状態によってはタフトブラシが必要になってくるのです。

歯間ブラシやデンタルフロスも重要ですが、
タフトブラシも奥歯の奥、歯並びの悪い場所、歯の矯正中のワイヤーとのすき間、
親知らず、歯と歯茎の間、子供の歯等、通常磨きにくい場所を綺麗に磨く事ができます。

つまり歯みがきにはそれぞれを使用する事で、
プラークをはじめて綺麗に除去する事ができるのです。
前回のコラムに書きましたが、電動歯ブラシが万能ではないのです。

ただ、毎日朝昼晩と全てをするとなると大変かと思いますので、
1日に1回で大丈夫です。

これで、歯周病、口臭、虫歯のリスクは一段とさがりますので、
ぜひ、実践するようにしてみてくださいね。

しかし、これだけの事をやっても正しく出来ていなければ効果が薄れてしまいますので、
1ヶ月に1度でもお近くの歯医者・歯科医院でお掃除される事をおすすめいたします。

この症状が出たら歯医者に行こう

歯周病はゆっくりと徐々に進行し、静かなる病気(Silent Disease:サイレントデジーズ)と言われている程、自覚症状がなく、
気づいた時にはかなり進行しているというケースが少なくありません。

歯周病は初期の段階である歯肉炎の段階から進行を食い止めるのが重要です。

気づきにく症状ではあるものの、下記に心あたりがある場合は
一度お近くの歯医者になるべく早く相談される事をおすすめいたします。

・口臭(人に口が臭いと言われた事がある、もしくはご自身でそのように感じる)
・口に粘着きがある
・歯肉が痒い事がある
・歯肉が赤く腫れている
・歯磨きで出血がある
・歯がグラグラする
・歯が長くなっている気がする
・冷たいもので歯がしみる

いかがでしょうか?このような症状があれば着実に歯周病向かっているという風に
思っておいた方がよいでしょう。

歯周病は歯の周りの歯槽骨が破壊されていき、歯が支えれなくなるというこわい病気です。

進行しない為にも歯石除去などで、汚れをきっちりとってあげる必要があります。
ご自身で歯を磨くだけではどうしても汚れがとれないので、予防には歯医者での歯のお掃除が必要です。

年に1回いくのも大変かもしれませんが、海外ではあたりまえのように予防がおこなわれています。
それは歯がどれだけ大事かという事をきっちり認識される文化が浸透しているからです。

国内ではまだまだ歯の重要性が浸透されておりませんが、
数か月に一回のお掃除でもご自身の歯で一生食べていく為に
若いうちから歯の歯石除去・クリーニングに行かれる事をお勧めします。

詳しくはかかりつけの歯医者さんで是非聞いてみてください。

歯医者で親知らず(智歯)を抜くべき?

親知らずは奥歯の大きい歯の一番億にある第3大臼歯の事をいいます。8番目の歯です。大人になってからはえてきます。
昔は親がなくなってからはえてくると言われていたそうで、そこから親知らずという名前がつけられました。

その親知らずですが、抜いた方が良いのかをよく患者さんから質問があります。

まず親知らずは抜いた方が良いと判断されるケースの方が多いというのが現状です。
なぜなら親知らずはもともとスペースがない場所にはえてくる事がほとんどで、
その場合、歯ブラシでも磨けない場所にあったり、横にはえている場合などは
隣の歯の根元を押したり、手前の大切な歯が虫歯になってしまう等と、かなりのダメージを与えるリスクがあります。

そうなったら最悪の場合、隣の健康な歯も抜歯せざるをえない状況となります。
また神経にも関係してくる事があるので、親知らずは放置しておくと大きな代償をともなうのです。

もし親知らずの影響で奥歯に鈍痛や歯茎が腫れた場合はすぐにかかりつけの歯医者にいくようにしてください。

ただ、親知らずだからといって全てのケースで抜歯が必要かといわれるとそうではありません。
親知らずの中にはまっすぐはえていたり、歯磨きもしっかりとできる場所にはえていたりする場合もあります。
抜歯にはリスクも必ずともないますので、親知らずを抜くか抜かないかは信頼できる歯医者さんに是非聞いてみてください。
難しい生え方をしている親知らず、埋まっている(埋伏)している親知らずの抜歯は専門の病院・口腔外科を紹介する場合も多くあります。

放置しておくというのはリスクが大きくなりますので、早いうちに相談される事をおすすめいたします。