カテゴリー : 未分類

メンテナンスの頻度

何歳になっても自分の歯で食べたいもので、しかも固い物も気にせず食べたいものです。

そのために大切なのは虫歯や歯周病にならないように歯磨きをすることが一番です。

とはいえ、なかなか時間をかけて歯磨きができない人も少なくないですし、上手に磨けない人もいます。

そして歯並びが悪い人は歯垢が残りやすいですし、唾液の量や歯の性質によっても歯石の付きやすさや虫歯になりやすさも変わってくるのです。

またすでに歯周病が進行している人は、いくら歯磨きをしても歯周ポケットが深くなって取り切れない歯垢が増えてしまう可能性もあります。

よく歯医者に虫歯治療に行くと、定期的に歯石を取ったほうがいいと促されることがあるでしょう。

まさにそれこそ、自宅での歯磨きだけでは落としきれない歯垢や歯石を落として、虫歯や歯周病を予防するためのメンテナンスです。

歯医者でのメンテナンスはどれくらいの頻度ですればいいのかわからない人も少なくないでしょう。

たいていの人は歯医者には虫歯など歯の異常ができてから行くものですので、そのついでにメンテナンスしてもらうのでは遅すぎます。

歯のメンテナンスは、虫歯や歯周病の予防ですから本末転倒です。

ではどれくらいで通うのが理想なのかというと、一般的には4ヶ月~6ヶ月に1度のペースと言われています。

虫歯菌や歯周病菌は歯医者でクリーニングをしても、口の中にゼロになるわけではありません。

もちろん大幅に減少しますが残っており、徐々に増えてくるのです。

その細菌の量が元に戻るまでの期間が一般的に4ヶ月から6ヶ月と言われているので、その時期には再びメンテナンスが必要となります。

ただし、前述のように虫歯や歯周病になりやすいタイプの人や歯磨きが苦手な人は、もう少し頻度を多くして2か月から3ヶ月くらいがいいでしょう。

逆に歯並びも良く、しっかりと自宅でケアできる人なら年に1度くらいのペースでも十分です。

ただしその判断は自分でできるものではありません。

自分ではしっかり歯磨きができていると思っていても、実はケアが十分ではない人も少なくないからです。

ですので、まずは4ヶ月に1度のペースでメンテナンスを行い、その状況を見て歯科医師に頻度を早めるべきか、もう少し間隔を空けても大丈夫か確認してみるといいでしょう。

入れ歯と歯ぎしり

寝ている時に無意識に歯ぎしりをしている人は多くいます。

歯ぎしりは起きている時よりも大きな力がかかっていることが多く、それにより歯がすり減ってしまったり、顎関節症になるリスクが高まったりしてしまうのです。

しかもそれは入れ歯をしている人でも同じようにリスクがあります。

寝ている時は部分入れ歯を外すことが多いでしょうが、歯ぎしりをすると残っている歯がすり減ってしまい入れ歯との高さが合わなくなってしまうのです。

また歯ぎしりは歯を支えている顎の骨が痩せてしまうことがあり、それにより入れ歯が安定しなくなることもあります。

とはいえ、入れ歯が安定しないなどの症状が出てくれば、歯ぎしりのせいとわかるかもしれませんが、歯ぎしりは基本的に無意識でやってしまう物なので、自分ではわからない人もいるのではないでしょうか。

一緒に寝ている人がいれば教えてくれることもあるでしょうが、一人で寝ている人は気づかずに歯や入れ歯に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

音がしない歯ぎしりもあります。

ただ歯ぎしりをする人はいろいろな症状が出るものです。

例えば、朝起きた時に首や顎が痛い、だるいという人は歯ぎしりをしている可能性があるので注意しましょう。時には頭も痛くなる場合もあります。

歯ぎしりは、歯の噛み合わせが悪いことやストレスなどいろいろな原因があるといわれています。

ストレスがある場合は、交感神経が活発に活動し、それにより唾液の分泌量も減少してしまうため、それにより入れ歯が安定しにくくなるなど、入れ歯と歯ぎしりは非常に密接な関係があるのです。

歯ぎしりを治すには原因となっているストレスを解消したり、いろいろな方法で睡眠の質を高めたりすることも有効となります。

例えば、規則正しい生活を送ることを心掛ける、寝る前はパソコンやスマホを使わない、カフェインの摂取を控えるなども効果的です。

もし、いろいろな対策をしても解消されないという場合、また歯ぎしりの原因が噛み合わせなどにある場合は、歯医者で治療する方法もあります。

特に入れ歯を作って数年経過している人は、入れ歯が合わなくなっている可能性もあるので、一度診てもらうといいでしょう。

また、歯医者によっては虫歯の治療や矯正だけでなく歯ぎしりの改善にも力を入れているところもあります。

主には歯ぎしり用のマウスピースの製作・使用です。

もし歯ぎしりをしている、なかなか治らないという人は、歯ぎしり治療も行っている歯医者に相談してみるといいでしょう。

お家でできる口腔ケア

自宅で簡単にできる口腔ケアには、毎日行う歯磨きがなじみ深いものですね。

実はいつもの歯磨きに一工夫加えるだけで、よりお口の中がすっきりする方法があります。

また口腔ケアは口の中だけでなく、外側の部分にも目を向ける必要があります。

 

私たちが食後にいつも行う歯磨きは、歯ブラシで歯を磨くほか、歯茎のマッサージやポケットに入った汚れ落としなどの役割をします。

しかし高齢者の口腔ケアはこの他に口内清拭と粘膜ケア、いわゆる口磨きもすることが望ましいです。

口腔内の汚れは歯だけに付くわけではなく、頬の内側の粘膜や唇と歯茎の間などにも付着しますが、この部分はブラッシングだけでは落とせません。

そのため、口腔ケア用スポンジブラシを歯ブラシの他に持っていることが勧められます。

口腔ケア用ブラシは市販されていますが、なければ歯ブラシに清潔なガーゼを巻いたものでも代用できます。

やり方は、ブラシ部分に水をひたし、ティッシュなどで含んだ水分が垂れないように吸い取ります。

これを歯と頬の間、舌の下部、口腔内上部の口蓋の順に、優しく手早く拭き取っていきます。

最後に舌の表面の舌苔を軽く落とし、これで口腔の汚れ落としは完了です。

 

ところで、高齢者の口腔ケアは内部の清潔だけでなく、外側の部分の機能にも注目する必要があります。

実は口腔ケアには清潔維持だけでなく、口腔機能を保つための機能的ケアもあります。

これは物を噛んだり飲み込んだりする力をできる限り維持していくトレーニングで、誤嚥性肺炎といった高齢者特有の病気の予防にもなります。

さらに物を噛むことは脳に神経伝達信号を送ると関連付けられ、認知症予防の効果にも期待されています。

具体的に行えるのは口腔マッサージや嚥下体操などです。

マッサージには氷水を使うアイスマッサージがあり、綿棒に氷水をつけて上あごと舌を10回ずつ程度刺激します。

また嚥下体操は食事の前に行うのが効果的、ただし種類が大変多いので、被介助者の体調に合わせた内容のものを行うことが勧められます。

かかりつけの歯科医、または担当の介護職スタッフなど、専門家の力を借りましょう。

ポイントは続けられること、そのためにも本人の無理のないプログラムで行うのがベターです。

 

自宅で行える口腔ケアは2種類、口内清潔維持と機能トレーニングです。

口腔内の清潔は歯磨きの他に口磨きも大切、また機能的トレーニングには口腔マッサージや嚥下体操などを習慣つけましょう。

歯科治療は不要不急!?②

前回は歯科治療が不要不急なのかについてお伝えいたしました。
https://nakagawa-shika-tarumikumaiko.com/2020-0501/

今回は歯科医院の感染リスクについてお伝えいたします。

一部マスコミにより、歯科治療が不要不急という情報や、
歯科医院は感染リスクが高い等という情報が出ていましたが、
前回にもお伝えしたように、歯科治療は不要不急ではありません。

さらに、感染リスクについてですが、
結論からお伝えすると、
患者さんの感染リスクは低いというのが本当の所です。

この誤解はニューヨークタイムズ紙による「The Workers Who Face the Greatest Coronavirus
Risk」というグラフの報道からきていると思われます。

ただこれは単に
・接する頻度(Exposed to Disease or Infections)
・人との物理的な距離(Physical Proximity)
のみから出された指標で、手袋・マスク着用等の感染防護措置は全く考慮されていません。
歯科医院では、患者さん毎に当然、関連器具の交換や減菌、治療にあたってはマスクやグローブ
を着用、交換をおこなっております。

また歯科医院は予約制の為、
多くの患者さんが待合室に集まり、長時間密な状態で待たされる環境ではありません。
そして歯科医院は基本的に感染症にかかっているなど、体調が悪い患者さんは来院されません。
体調が悪い時・発熱がある時はに歯の治療を受けようとは思わないで、予約変更をされます
よね?

感染に関しては強いていうなれば、リスクが高いのは歯科医療従事者という事が考えられます。
ただ、それは新型コロナウイルスだけに限らず、
多くの感染症で、感染リスクが全くないといはいえない環境ではあります。
ただ、現在全国68,000件の歯医者が診療をおこなっていますが、
感染例は決して多くはありません。

これは歯科治療は外科的な処置が主で、
日頃より減菌消毒を徹底し、スタンダードプリコーションと言われる感染予防を心がけているのが
理由の一つともいえます。

私も長年、歯科医業を行ってきましたが、患者さんが歯科で風邪やインフルエンザに感染したとい
った話は聞いた事はありませんし、私もスタッフも他の職種の方々以上に頻繁に感染したりは全く
ありません。

もちろん100パーセント安全って話はありませんが、マスコミの過剰な不安のあおり方は少々疑問
には思います。
歯科治療は不要不急ではない、感染リスクも決して高くないという事を
知っていただけたと思います。

当医院でも徹底した感染症対策をし、診療室の通風もよくして
患者さんに安心して治療していただける環境を整えております。

歯科治療は不要不急!?①

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令し、
現在全国で新規感染者の減少がみられます。
特定警戒地域以外の宣言は解除されていますが、
未だ特定警戒地域は続いております。

早く収束して、以前の生活を取り戻したいですね。
ただ、今後しばらくは生活スタイルを変える必要がありそうです。

今回は歯科治療が不要不急なのかどうか?
歯科医院の感染リスクは高いのか?
この2つについてお伝えいたします。

まず、歯科治療は不要不急なのか?についてですが、
結論からお伝えすると、
歯科治療は審美目的のホワイトニング等以外は決して不要不急ではありません。

歯科の治療は基本的には歯科医師が治療計画をたて、
一定の期間を設定し治療を進めております。
もし、その治療を途中でやめたり、先延ばししてしまうと、
最悪の場合、歯を失うというリスクも考えられます。
入れ歯や被せものなどの型を採っていた場合、長期間放置していると最悪合わなくなってしまい
ます。

歯科衛生士が処置をする歯周病のメンテナンスなども
放置してしまうと糖尿病などの発症リスクを高めてしまいます。
さらには細菌性肺炎を続発する恐れもあります。
口腔ケアは免疫力低下による細菌性肺炎のリスクの低下につながりますので、
今回のような新型コロナウイルスに万が一罹患した場合にでも、
そのような可能性につなるのかもしれません。

つまり歯科治療を不要不急と考え、
むし歯や歯周病の治療などを後回しにしてしまうと
リスクが非常に高いので、
決して不要不急ではないという事実を知っていただければと思います。

歯はからだ全体の問題につながる非常に重要な部分です。
それと上記の理由から、歯科治療だけではなく、
こんな状況だからこそ、
歯磨きや舌磨きを入念にするようにもしましょう。

ただ、歯医者に行くのは感染率が高そうと不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。
そこで次のコラムでは歯科医院の感染リスクについてお伝えいたします。

新型コロナウイルスに感染しない為に。今回は一般的に色々と言われていることをまとめてみました。

新型コロナウイルスに感染しないようにするためには、手指を清潔にすることがまず重要です。

ドアノブや電車のつり革などにウイルスが存在し、それを触った手に付着することが考えられます。

その手で食事をしたり目をこすったりすると、感染することになります。

外出先から帰ってきた場合や食事の前など、こまめな手洗いをしてアルコール消毒をすることで感染のリスクを下げることが知られています。

 

新型コロナウイルスの感染経路として空気感染は考えられにくく、飛沫感染や接触感染がほとんどです。

換気が不十分な狭い場所に一定時間人が集まるのは感染の危険があります。

人が多く集まる場所、例えば電車やバスなどの公共交通機関による移動、それに様々なイベントなども、できるだけ避けるようにした方がいいかもしれません。

咳やくしゃみをする場合は必ずマスクを着用するか、もしくは腕などで口や鼻を覆うようにすることが大切です。

相手と会話をする場合には、できるだけ距離を置くようにしましょう。

使い捨てマスクは品薄状態であれば毎日取り換えることが難しくなりますので、繰り返し使用する際には1日使った後は中性洗剤で洗うようにします。

 

感染が広まっているからといって、過度に気にしたり恐れたりしないようにすることも大切です。

 

どのような病気に対しても同じことが言えますが、毎日の規則正しい生活、そして十分な栄養と睡眠をとって体の免疫力を高めることで感染を防ぐこともできます。

 

ウイルスに感染しても症状が現れない場合もありますが、感染の疑いの目安として37.5度以上の発熱が見られます。

発熱があるからといってあわてて病院を受診することは避けて、4日間程度は自宅で様子を見るようにと言われています。

いきなりかかりつけの病院に行っても新型コロナウイルスの検査はできませんし、他の外来の人との間の感染の危険もあります。

それでも症状が改善されない場合には、病院ではなく必ず保健所などの「帰国者・接触者相談センター」に問い合わせるようにします。

 

・・・

 

先行きの不安を煽る情報も多々ありますが、気を付けるべき点はきっちりとやりつつ、 「近い将来にこの問題は何とかなる、大丈夫だ」 と前向きに考えたいところです。

 

「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ」

って瀬島龍三って方の言葉を思いだしました。

新型コロナウイルス感染症対策につきまして

新型コロナウイルス感染症対策につきまして

不安な時を迎えていますが、色々と変な情報に惑わされないで、きちんとした情報に基づいて冷静さを保つように心掛けたいと思っています。

ある記事を参考にしてますが、感染防止には

① きちんとした手指消毒
② 多人数で長時間、密閉された空間に居ることを避ける

が大切なことだと書かれており、私もそのように思います。

今までも滅菌・消毒は徹底しておりましたが、受付カウンターやテーブル、ドアノブのアルコールでの拭き取り等、更なる消毒の強化をしています。

それと当院は一戸建ての診療所であり、チェアユニット(診療の椅子)の横は常時、窓を開けており密閉されていません。

これは開業当初からですが、とても風通しのいい診療所です。
特に舞子地域は心地よい風のある地域です。

窓の外は医療機関等の建物で、人の往来は全くないのでプライバシーの心配もありません。

これからも色々と少しでも安心して受診して頂けるように配慮をしていきます。

電動歯ブラシについて

今回は電動歯ブラシについてのお話ですが、前提として大切な事は、過信は禁物です。

電動歯ブラシは、歯の細部の汚れや歯垢までしっかり落としてくれる優れものです。

この電動歯ブラシに種類があるって知っていましたか?

電動歯ブラシには駆動方式の違いにより、大きく3つの種類があります。

音波、超音波、回転式の3つです。

それぞれについて見ていきましょう。

音波歯ブラシは、200〜300Hzの音波で歯を磨き、振動回数は、1分間当たり、3万〜5万回になります。

毛先が接していない周り2mmほどの汚れも落とし、歯間の歯垢も除去できるのが特徴です。

回転式に比べて歯や歯茎への刺激が少なく、磨き残しがなくなり、虫歯や歯周病の予防にも効果的だとされています。

使い方もシンプルで、ブラシを歯に添わせるように動かすだけです。

お子さんでも簡単に磨くことができますし、大人はオーラルケアの時短につながります。

超音波歯ブラシは、160万Hzの音波による1秒間に160万回という振動で、歯垢やむし歯の原因になる細菌を破壊します。

特に粘着性の高い歯垢で、虫歯の原因となる不溶性グルカンに対して効果を発揮するのが特徴で、使用を続けることによって歯に細菌が付着しづらくなっていきます。

音波歯ブラシよりクオリティーは桁違いにアップしていますが、価格も高くなります。

超音波歯ブラシは、音波歯ブラシよりも振動が細かく弱いというのが特徴で、

使い方は、手磨き用歯ブラシと同じように手を動かして使用します。

回転式は、丸型ブラシが上下運動しながら回転して歯を磨きます。

1分間の振動数は、1,000〜3,000回なので、

音波歯ブラシが主流となった現在でも、歯を磨いた後の充足感があると根強い人気があります。

毛先を直接歯に触れさせて汚れを落としますが、使い方を間違うと歯や歯茎にダメージを与えやすくなりますので注意が必要です。

使い方としては、歯に軽く当て、角度は歯に対して90度、歯と歯茎の間の汚れを落としたい場合は45度、ゴシゴシ擦らず、1カ所に数秒間当てて動かしていくのがポイントです。

現在、電動歯ブラシには、スマホと連携し磨き残しを防げる機能をもつものがありますし、

オプションのアタッチメントを装着することで、着色汚れを減少させるもの、歯茎のマッサージができるものなども登場しています。

オーラルケアは、格段に進化していると言えるでしょう。

ただ繰り返しになりますが電動歯ブラシは万能ではなく、過信することなく1日に1回は手で通常のブラッシングをすることをお勧めします。

お口の中の健康寿命

高齢化社会の現代は男女ともに平均寿命は世界トップクラスにまで伸びましたが、その一方で介護や寝たきりの問題も深刻化しています。

そんな中で気になるキーワードが健康寿命、病気や介護状態にならず自立して生活できるための寿命を少しでも伸ばしたいですね。

実は健康寿命を延ばすためには、お口の中の健康状態も関係しているという説が有力視されていますが一体なぜでしょうか。

 

日本人の平均寿命は2018年現在で男性81歳、女性87歳と年々右肩上がりですが、一方で健康寿命は各々72歳、74歳です。

これが意味するものとは、天寿を全うするまでに約10年以上の時期を、介護や病気などで自立して生活できないまま過ごすということです。

その中でもとりわけ深刻視されているのが認知症、認知症の原因は脳血管疾患などの病気以外に、実は食生活など生活習慣も関わっています。

 

生活習慣の中で欠かせない要素が食事、栄養バランスはもちろんのこと、咀嚼をすることによる脳への影響についても今注目されています。

あごを動かして歯で食べ物を噛む行為は、唾液を分泌して消化を助けて内蔵への負担を減らし、これによって腸内での栄養分の吸収も良くなります。

また、噛むことによって脳にも好影響があるとも考えられています。

咀嚼する時の刺激は脳に信号を送り脳神経を活性化させ、その働きが認知症の予防にも関連があるという見方もあります。

実際に、認知症の患者の多くには、歯周病や虫歯、歯の欠損など口腔トラブルが多い傾向も見られます。

 

さらに、噛む力がなくなると必然的に硬い食べ物を避けるようになります。

肉類や緑黄色野菜には、ある程度嚙み砕く必要のあるものが多く、こうした食品を摂らなくなると栄養バランスも心配になります。

年齢とともに食べられる量は少なくなりますが、それゆえにできるだけ多くの栄養分が必要になってきます。

そうならないためにも口腔ケア、特に歯の清潔維持は大変重要です。

虫歯や歯周病を予防し、必要に応じて義歯やブリッジを使いながら、できるだけ自分で噛んで食事がするようになりましょう。

 

食生活が豊かになり医療技術の進歩などによって日本人は長寿大国になった反面、病気や介護による健康寿命への問題も出てきました。

少しでも健康寿命を延ばすためには口の中のことにも目を向け、噛む力を取り戻して内蔵を丈夫にし、脳神経を活性化させ栄養を摂ることが大切です。

毎日口の中をきれいにするのは歯磨きと同じなので難しくありません、気づいてからでも遅くないので早めに対策しましょう。

歯ブラシは7割しか綺麗にできない?

毎日の歯磨きは歯の健康を保つためにとても重要です。
多くの人はしっかり歯を磨いていると思いますが、実はそれだけでは不十分です。
正しい歯のケアの方法を知り、いつまでも自分の歯で生活できるように目指しましょう。

40代以降になると、歯周病・う蝕(虫歯)などが原因で歯を失ってしまう人が増えていきます。
そして大半の人は歯磨きもしていたのになぜ、という気持ちになります。
毎日、毎食後に歯磨きを欠かさずしているのに歯周病になってしまったという人は決して少なくありません。
ではなぜ歯磨きをしているにも関わらず歯周病・う蝕(虫歯)になってしまうのでしょうか?
そもそも歯周病というのは、歯の隙間や歯茎の隙間などに細菌(歯垢)が繁殖することで発症します。
この細菌は食事などで出る食べかすを栄養源として繁殖しますから、口内に食べかすが残っていて細菌が繁殖しやすくなっているのが大きな原因となります。
つまり普段の歯磨きだけでは汚れをしっかり落とせていないわけです。
歯ブラシで磨ける限界は7割と言われていて、どんなにしっかり磨いたつもりでも、歯ブラシだけでは3割の磨ききれない部分が出てきてしまいます。
そこから細菌が繁殖し、歯周病となり炎症を起こし、やがては歯を失う結果になってしまうのです。
40代を過ぎたらもちろんのこと、40代になる前から歯ブラシでの磨きだけではなく、残りの3割も綺麗に磨けるように対策しなければいけません。
そこで活躍してくれるのが歯間ブラシ、フロス、糸ようじです。

歯間ブラシ、フロス、糸ようじは歯と歯の間の汚れを落とすことができるアイテムです。
ブラシという言葉が使われていますが、細い紐のような部分で汚れを削ぎ落とすような形をしているのが一般的です。
ナイロンでできたタイプやゴムでできたタイプもあり、隙間の広さや材質の柔らかさなどで使い分けが可能です。
使い方は簡単で、ブラシ部分を歯と歯の間に入れ、前後に動かすだけです。
これでブラシが汚れを落としてくれます。
通常、歯と歯の間の汚れというのは歯ブラシでは落としにくく、どうしても汚れが残ってしまいます。
しかし歯間ブラシ、フロスや糸ようじ等を使うことで残った汚れもしっかり落とし、歯ブラシではどうしても落とせない2割の汚れも落としきれます。

では残りの1割はどうしたらいいのでしょうか?
どうしても毎日のケアだけでは徐々に蓄積される汚れ(歯石等)はたまっていくので、これは定期的に歯科医院で除去することが効果的です。

こうして歯周病・う蝕(虫歯)予防に大きな効果を発揮してくれるわけです。

歯ブラシでの歯磨きだけでは汚れを完全に落とすことはできません。
口内環境を清潔に保つためにも、歯間ブラシも併用して歯磨きを行いましょう。