バクテリアセラピーとは

バクテリアセラピーとは

バクテリアセラピー

予防の中で注目されはじめているバクテリアセラピー

これまで歯医者は痛みや不調が生じてから受診するという
イメージが強かったのですが、
最近では痛みや不調が生じる前に受診する
予防歯科が大事だという認識も徐々に強くなっています。

まだまだ認識されていませんし当院では行っておりませんが、予防の中で昨今注目されているのが
バクテリアセラピーです。

バクテリアセラピーとは意図的に善玉菌を口内に取り入れる事によって
口腔内に存在している細菌の比率を整えて
口臭や歯周病、虫歯の予防に繋げるという方法です。

専門医から指導を受け気軽に行える予防方法であり、
予防歯科としては世界屈指の先進国である
スウェーデンやアメリカでは非常に浸透しています。

しかし国内ではまだ認知されはじめという事もあり
これからバクテリアセラピーが広まってくると思います(当院ではまだ行っておりません)。

ただ、同様の仕組みを活用した予防方法は
国内でも既に馴染み深いものがあります。

それは腸内細菌のバランスを良好にする方法です。

つまり、口腔内におけるバクテリアセラピーも
腸内細菌のバランスを良好にする予防方法と同じ仕組みなのです。

一般的に成人の口内にはおよそ300種類から700種類もの
多種多様な細菌が常に存在していると言われています。
隅々まで歯磨きをする習慣がある方でも
口内にはおよそ1000億もの細菌が存在するのです。

当然、良い役割を果たしている細菌がもあれば、
悪さをする悪玉菌もいます。

悪さをする悪玉菌の比率が多くなったり
力を強めてしまうと口臭や歯周病、虫歯を誘発する上に
症状が重症化すると口内にある悪玉菌が要因で心筋梗塞や糖尿病、
肺炎や認知症、早産という一見お口とは無関係に感じられる
全身の症状を誘発するので決して侮れません。

善玉菌を摂取する

バクテリアセラピーは
良い働きをする善玉菌を摂取する事で
口内に存在する細菌の比率を健やかな状態に整え、
お口はもとより全身の命に症状を誘発しないように
改善を目指すという考え方であります。

しかも、お口の先にある胃や腸にも
良い影響をもたらす事が研究により判明しているので、
口内に対してアプローチを行うと
結果的に腸内環境の改善にも繋げられると言われてます。

さらに、一度発生してしまうと全てを除去するのが困難な
胃のピロリ菌も減らせるため、乳酸菌入りの食品を使用して
バクテリアセラピーを進めていきましょう。