白い歯を維持する方法

歯の着色

歯医者で定期的にクリーニングをしている方は
特に気になると思いますが、
歯は短期間で徐々に着色していきます。

メンテナンスをしていない場合は
どれくらいの着色があるかの比較が目に見えてわからないので、
気にならないかもしれませんが、ケアをしなければ確実に着色は進んでいます。

クリーニングをした後はエナメルが磨かれて、
ツルツルの状態にになっているので、歯垢などの汚れは付きにくい状態ですが、
時間の経過とともにペリクルという唾液成分でできた膜が歯にはられていきます。

ペリクルは歯を守る為に大事な膜なのですが、
この膜にコーヒー、紅茶、赤ワイン、お茶の茶渋、その他タバコのヤニなどの
色素が蓄積されていきます。

そうするとくすみ、黄ばみが気になりはじめ、
その着色が蓄積され、歯磨きでも落とすことができない
ステインといわれる完全な着色状態になります。

こうなると歯医者でしか落とす事はできませんので、
歯医者でクリーニングをしてもらうようにしましょう。

着色を防ぐ方法

ただし、白い歯の状態を保つためにご自身で取り組める方法もありますので、
いくつかご紹介いたします。

1つ目はなるべく着色するような飲食物を控えるようにするか、
したとしても入念にその後、歯磨きをしましょう。

ただ、現実問題として、毎日習慣でコーヒーや紅茶、お茶を飲む方、
タバコを吸われる方にとっては厳しい方法ですよね。

2つ目はステインの着色に効果がある美白歯磨き粉を使用すると良いでしょう。

これではあれば、誰でもできますし、きちんと効果もありますので、
今すぐにでも始める事ができます。

歯のメンテナンスが重要

しかし、いずれもご自身の対策では限界があります。
歯は定期的に歯医者さんでクリーニングをして綺麗な状態を保つ事が
最も良い対策の方法です。

そうすれば歯石や歯垢も取り除く事で歯が綺麗な状態だけではなく、
健康な状態も維持できます。

習慣にするのはなかなか時間がかかるものですが、
一度習慣化してしまえば楽になりますので、
是非お近くの歯医者さんでクリーニングを定期的に受けましょうね。