セラミックのメリットとデメリットについて その1

保険適応の歯科治療では銀歯(金銀パラジウム合金)を使用する事が殆どです。
しかし、アレルギーの問題等もあり、
最近では銀歯以外の治療方法を望まれる患者さんも少なくありません。

その中でも有名なのはセラミック。
今となってはセラミックという言葉を
一度は耳にされた事もあるかと思います。

虫歯もそうですが、歯並びなどでもセラミック治療のケースが増えています。

セラミックにはメリットもあればデメリットもありますが、
まずはじめにメリットをお伝えしてまいります。

セラミックのメリット・デメリット

・メリット1【見た目が美しい】

人の歯は基本的には白いのですが、
少し黄色がかった部分もあり、真っ白というわけではありません。

従来使用されていたプラスチック(レジン、硬質レジン)の場合は真っ白なので、
人の歯の中ではそういった歯があるだけで不自然に目立ってしまいます。

奥歯ではあれば、そこまで意識する必要もないのですが、
前歯の場合には、笑ったり、話しをする際に
どうしても注目されてしまうので
他の歯と違う色をした歯は目立ってしまいます。

さらに、プラスチックは時間が経過するにつれ、黄色になってしまう傾向があり、
長期間使用することには不向きで、定期的な取り替えが必要になります。

これに対してセラミックの場合には、そこまでの頻度で取り替えの必要はなく
時間が経過しても色の変色が殆ど見受けられません。

このような天然の歯に近く、耐久性の理由から、
積極的にセラミックを利用する人が増えてきています。

・メリット2【虫歯になりにくい】

銀歯の場合には、セラミックに比べて
虫歯になりやすいといった部分が見受けられます。

金属は、そのすき間の部分から虫歯ができてしまい再治療をするリスクがあります。

気付いた時には、ある程度虫歯が大きくなってしまい
かなり奥の方まで侵攻した状態になると、
削ったり抜かなければならないというケースもございます。

このような懸念事項が少ないのも、セラミックのメリットの一つと言えるかもしれません。

・メリット3【金属アレルギーでも着用可能】

3つ目のメリットは、金属アレルギーの方でも
気にせず治療をすることができる点です。

当時から治療に用いられる銀歯の場合、
金属アレルギーの人は治療することができませんでした。

プラスチックであれば治療することもできますが、
一つ目のメリットでお伝えしたように、
耐用年数がそれほど長くない部分や
あまり固いものを噛むことができない、割れやすい
といった問題点を抱えています。

セラミックであればそのような面を
カバーすることもできるので、
金属アレルギーの方にとっては
もっとも有効な治療方法であるといっても過言ではありません。

そして、加工面に利点も存在します。

歯科技工士からすれば、セラミックは加工しやすく
思い通りの形に仕上げることができるため
実際に取り付けた時の違和感を大きく軽減することができます。

前歯の場合は周りの人から見た場合に、
最も目立ってしまいます。
特に、人前で話す仕事をしている方は、気になりますので、
少しでも見た目が本物にそっくりなものを選びたいと考えます。

(続く)