歯科治療で銀歯を用いて生じる金属アレルギー

現代では歯科治療を施術する場合はセラミック素材を使用した治療方法も一般的になりつつありますが、保険を適用し安価に治療できるという特性上相変わらず従来の銀歯(金銀パラジウム合金、金パラ)を用いた治療が多く行われています。

治療費という観点で見た場合にはセラミック素材(emax、ジルコニア等の保険外材料)に比べ安価に済ませられますし、治療が完了するまでの期間も短期間なので通院する手間や身体に生じる負担も小さくさせられるのは事実です。

しかし、虫歯の治療などに銀歯を採用した事により稀に思わぬトラブルに見舞われてしまう患者さんがいることもあり、特に多いのは銀歯を口内に使用してから金属アレルギーが引き起こされてしまう事です。

しかも、銀歯を歯科治療時に採用した方の多くで発症しており発症数が多いのも特徴的なのですが、その理由は保険を適用して用いる事ができる銀歯は口内のように高温多湿の環境下では錆びる上、唾液の成分により溶け出すためです。

口内にて溶け出してしまった金属イオンは、体内にあるタンパク質と結合する事によりアレルギーを発症する原因になるので、生まれつき金属アレルギーではなかった方でも歯科治療を施してから金属アレルギーを発症する事があります。

また、生まれつきアレルギー体質の方よりも厄介なのは素材として使われている物質は複数の種類に及ぶ点であり、銀やニッケルをはじめとする複数の種類が入っているからこそ口内で電流が生じてしまうので、複雑化し対処や完治を目指すのも難しくなります。

さらに、銀歯による悪影響は口内の変調のみに留まらず、全身に生じてしまう症例もありますし、五感など表面上には変調が見られないものの発症している本人のみが不調や違和感を覚える事もあります。

特に当事者のみが感じてしまう不調としては味覚障害が挙げられ、銀歯から溶け出した金属イオンが舌に悪影響を及ぼし味覚が感じ取りにくくなってしまいます。

そして、全身に生じてしまうと汗にも金属イオンが含まれるようになるので発汗時に含まれている金属イオンにより、表皮上でもアレルギー反応が生じます。

もちろん上記症状には他に原因が有る場合もあり、歯科での治療が原因だと断定出

来ることは稀ですが、このようなケースから現在では銀歯治療が見直されてきてます。