歯科治療は不要不急!?①

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令し、
現在全国で新規感染者の減少がみられます。
特定警戒地域以外の宣言は解除されていますが、
未だ特定警戒地域は続いております。

早く収束して、以前の生活を取り戻したいですね。
ただ、今後しばらくは生活スタイルを変える必要がありそうです。

今回は歯科治療が不要不急なのかどうか?
歯科医院の感染リスクは高いのか?
この2つについてお伝えいたします。

まず、歯科治療は不要不急なのか?についてですが、
結論からお伝えすると、
歯科治療は審美目的のホワイトニング等以外は決して不要不急ではありません。

歯科の治療は基本的には歯科医師が治療計画をたて、
一定の期間を設定し治療を進めております。
もし、その治療を途中でやめたり、先延ばししてしまうと、
最悪の場合、歯を失うというリスクも考えられます。
入れ歯や被せものなどの型を採っていた場合、長期間放置していると最悪合わなくなってしまい
ます。

歯科衛生士が処置をする歯周病のメンテナンスなども
放置してしまうと糖尿病などの発症リスクを高めてしまいます。
さらには細菌性肺炎を続発する恐れもあります。
口腔ケアは免疫力低下による細菌性肺炎のリスクの低下につながりますので、
今回のような新型コロナウイルスに万が一罹患した場合にでも、
そのような可能性につなるのかもしれません。

つまり歯科治療を不要不急と考え、
むし歯や歯周病の治療などを後回しにしてしまうと
リスクが非常に高いので、
決して不要不急ではないという事実を知っていただければと思います。

歯はからだ全体の問題につながる非常に重要な部分です。
それと上記の理由から、歯科治療だけではなく、
こんな状況だからこそ、
歯磨きや舌磨きを入念にするようにもしましょう。

ただ、歯医者に行くのは感染率が高そうと不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。
そこで次のコラムでは歯科医院の感染リスクについてお伝えいたします。