子供の矯正と大人の矯正

【当院では矯正治療は行っておりませんので、信頼のできる専門医を紹介しております】

現代、メディアの影響もありますが審美の治療も増えてきて、
歯の審美に対する考え方がかつてよりも重要視されるようになりました。

歯並びや歯の白さ、審美といっても様々な観点がありますが、
今回は矯正についてお伝えいたします。

矯正のパターン

まずは矯正のパターンについてですが、
子供の矯正は大きく分けて2つ。
大人の矯正は1つ。

乳歯、混合歯列の時期の矯正治療は1期治療といいます。
この場合、乳歯が抜けて、永久歯が生えてくる時期でもあります。

つまり顎全体の変化が激しいタイミングである為、
慎重に治療を判断していかなければなりません。

1期治療をおこなう場合は前歯の永久歯が生えた時に治療する場合がほとんどでしょう。
さらにかみ合わせを整えながら、顎の成長をコントロールし癖なども修正していきます。

1期治療の期間は6ヶ月-1年が目安です。
次に紹介する2期治療よりも短い期間で治療を終わらせる事ができるでしょう。

永久歯が全て生えてからの矯正を2期治療といいます。

大人の場合は全てが2期治療になります。

歯は何歳になっても動きますので、
何歳になっても遅すぎるという事はありません。

この2期治療の期間は2年が目安です。

矯正に重要なこと

矯正によって、
歯並びを綺麗にし、上下のかみ合わせを良くし、
口元を美しくする事ができます。

矯正には専門医によって、
抜歯をする場合、抜歯をしない場合が
わかれてきます。

矯正は歯並びだけではなく、口元を美しくする事も重要です。
結果的に顔のバランスも良くし、
当然ながら、口腔内の健康と保てるようにしなけれななりません。

そこまで考えず治療を進めると
口元のバランス、かみ合わせの違和感等
トラブルになりかねません。

つまりそれらを踏まえて、抜歯するべきなのか、
しない方がよいのか、
どちらが良いかをきちんとアドバイスしてくれる
矯正の専門医をさがすようにしましょう。

矯正は費用も期間もかかる大事な治療ですので、
専門医としかっりと相談した上で判断するようにしましょう。